MENU
営業エリア

広島・山口・岡山・福岡・島根

ご訪問頂いた人数
  • 7
  • 3

慰謝料ってどれぐらい?(多いに越したことはない)

※ この記事は、私が他県で別の探偵社を経営していた時に、HPに掲載していた記事の焼き直しです。自分で書いた文章ですので「どこかで見たぞ」という人がいても、パクリだとか言わないでね(笑)

前回に続いて慰謝料の話です。
離婚となれば慰謝料って話になるわけですが、じゃあ慰謝料ってどのぐらいもらえるの?ってよく聞かれます。
一応、相場はあるようですが、最後は個別の状況次第のようです。

弁護士の先生から聞いたところでは「訴訟になったら、まあ150万~200万ぐらいかな」だそうです。
浮気の場合は、配偶者と浮気相手に請求できますから、この倍額300万~400万ほどでしょう。
(※本当はそれぞれに請求ではなく、共同不法行為といって、二人で悪いことしたんだから二人で払ってね、ってことになるんだそうですが)
もちろん、この数字は婚姻の継続年数、夫婦の収入の状況、離婚に至る原因、支払い能力など、様々な要因によって変わってきます。
だから、浮気の証拠を確保することはとても重要なのです。

じゃあ「訴訟にならなかったらどうなの?」
これはもうピンキリです。
示談であれば、相手が了承すればいくらでも良いわけです。
交渉次第なわけですから、1000万円単位の慰謝料が支払われた事例はいくらでもあります。
ですから、弁護士さんもよい先生を選ばなければいけません

ところで、前回も書きましたが「財産分与」というものがあって、これが慰謝料と混同されています。
原則として、結婚している間にできた財産は二人のものだから、離婚するときは公平に分けましょうということです。
これは、離婚の原因がどちらにあっても関係なく発生します。
婚姻期間が長ければ、実はこの財産分与が大きくなります。
預金、住宅、車などの耐久消費財、年金の分割まで。
中高年の離婚では、「財産分与」が膨らむのもわかりますよね。

そして、これらも離婚の交渉の大きなカードです。
交渉の中では、「Aは渡すがBはほしい」といったやりとりがおこなわれます。
例えば「子供の親権が欲しい」から「慰謝料の請求は放棄する」ような交渉が行われます。
とすれば、交渉のカードは1枚でも多い方が良いですよね。
「離婚の原因は、お前の浮気じゃ!」というのはとても強いカードなので、
パートナーが浮気をしていると思ったら、じっと我慢して、まず証拠をつかみましょう

そんな時は、ぜひアイリス調査室にご相談ください。


アイリス調査室はあなたの味方になります!
電話 050-3595-3577
ご相談はいつでもOK!


この記事を書いた人

目次